sonic&trip-「AKIRAの文学音楽」

sonictrip.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2010年 06月 22日

素晴らしい世界。

渋谷Milkyway、ほのかのじかん、来てくださった方々、どうもありがとうございます。

セットリストです。
1.オレンジの月
2.あの日あの場所で
3.マリ
4.yes,please.
5.心の中で
6.素晴らしい世界

良い集中の中でできたように思います。
自分も歌の中に深く入っていけた。

前も言ったけれど、最近曲を書いていない。
自分の中には「違う次元での愛の話」というアルバムを何度も頭の中で作り直していて。
歌詞を書き直したり、入れる曲を変えてみたり。

このアルバムが現実に出来上がらないと多分、僕は次の作品に自分の意識がシフトしていかない気がする。

今年はもっと小説も書こうと思っている。
よく日本の小説を読むようになったけれど。芥川龍之介のモダンさとか、夏目漱石の柔らかさに驚いている。
作品というものはこれほどにも自由なのか、と何度溜め息をついたか分からない。

最近よく見られている映画というものの幾つかは、どうかと思う。
テレビで映画の宣伝番組みたいなものを見たのだけど。予告だけ見てもひどすぎる。
一体どうして、ああいうものにお金を出そうという人がいるんだろう。
昔から常々思っているけれど、表現の自由といって、誰かを傷付けるような内容の表現をしていいとは僕は思えない。自由とはほど遠い。悪趣味なので、比べたくもない。
それは表現の自由という言葉を装った、暴力だと思う。

本当に人の血だけが無意味に流れる映画、がよく作られている。それを「いのち」のことを考えさせる映画だとか銘打って宣伝している。
衝撃を与えること、奇抜なことが、あたかもクリエイティブなことのように扱われている。

僕はそこに人の心が在るようなものでないと、クリエイティブだとは思えない。
そこにある人の心というものの、魂というものの徳を高めて、この世界の穏やかでないものを如何に鎮めることができるかが、作品を作る人の心がけるべきことではないかと、僕は信じている。

作品を作るというのは、誰かの心の中に入っていくということだ。深い深い心の奥底にまで、入っていくということだ。
作品を作るというのは、声にならない、現実にはできなかったことを伝えるためだ。純度の高い感情というものを、日常の中で、人間は信頼することが、どんどん難しくなっていく。
作品を作るというのは、そこにあった現実と、自分の心の中にあったものを混ぜ合わせて、誰かと共有することで、もう一つの違う次元での現実を、もう一度生き直したいからだろう。
作品を作るというのは、そうやって自分も、誰かも救いたいからだろう。

僕という人間は、無意味に誰かを傷付けるだけの暴力というものが、嫌いだ。
それが大好きな人たちがいるこの世界も嫌いだ。僕はだからそういう作品を、作品だとは思えない。
僕は深い悲しみと深い安らぎが好きだ。
悲しみと出会わなければ、僕はそれからのいくつかの場面で、胸の中にあれほど多くの幸せを感じることはできなかっただろう。
悲しみと安らぎ。
僕の瞳の中の世界を、いつかその二つで満たしたい。
[PR]

by sonic-trip | 2010-06-22 11:16
2010年 06月 19日

下北沢440。

この前はライブに来てくださった皆さん、ありがとうございました。

イタリアのバンドとの対バンということだったけれど突然のキャンセルで、残念だったけれど、その代わり、僕たちが長く演奏できるということで急遽曲を増やしてのライブでした。

幸せだった。

セットリストです。

1.より良い暮らし
2.眠れる森
3.カトレア
4.just happy
5.エスカレーション
6.ノアはどこ?
7.違う次元での愛の話
8.そこはヘヴン
9.Love was crying in my room.
10.月を食べた日

特に、ノアはどこ?の後半から世界の中にどっぷり入っていけた。


20日は渋谷Milky way。出番は18:40〜19:10。
前売り¥1800。
予約まだ間に合います。ホームページからよろしくです。
この日はフードも出るみたい。楽しみだ。

準さんと二人でやるけれど、かなり歌の世界が押し出された、幽玄な世界のライブが展開されようとしていると思う。
[PR]

by sonic-trip | 2010-06-19 01:33
2010年 06月 10日

6月ライブ。

6月ライブの予定です!

6月16日(水)
"440 (four forty) presents"
OPEN: 18:30 / START: 19:00
前売: ¥2,000 / 当日: ¥2,500 (ドリンク別)
出演: spaccailsilenzio(from ITALY) / sonic&trip / TT&M[野辺剛正+新井"ラーメン"健&竹内"MIX"宏美]

sonic&trip 出演時間 19:00-19:45 (45min.) です。

バンド編成で普段よりちょっぴり長めなのが嬉しいです。
イタリアからのバンドとのライブです。
spaccailsilenzio。シレンチオ。静かに。っていう意味かな?
デビットリンチの映画にシレンチオって連呼する映画があった。
「マルホランドドライブ」。
そうだったらいいな(笑)


6月20日(日) 渋谷Milkyway 「ほのかのじかん」

sonic&trip出演時間は18:40~19:10です。
弾き語りアコースティックライブを予定しています。

前売り/当日:¥1,800/¥2,300 +1drink

出演:sonic&trip、ghq、岩見十夢、黒沼英之、よしむらひらく
food:キッチン あやっこ sweets:おやつ など用意されてるそう。楽しみ!


チケットはホームページから予約できます。よろしくお願いします!


最近は宮沢賢治の「ポラーノの広場」と芥川のいくつかの短編を読んでる。
[PR]

by sonic-trip | 2010-06-10 02:10
2010年 06月 06日

オレンジの月。

a0094779_0194987.jpg

昨日ライブに来てくれた皆さん本当にありがとうございます。


セットリストです。

1.オレンジの月
2.ノアはどこ?
3.安らぎ
4.Love was crying in my room.



久しぶりにやったオレンジの月。翔がピアノを弾いてくれたことで完成した。

この曲は中学一年のとき白血病で亡くなった、友達に捧げる曲。彼女は僕とよくバスケットをして遊んだりした友達で。小学校六年のときに入院した。
ある夏の日に、僕がバスケ部の合宿から、真っ黒になって帰ったときに僕はそのことを知った。
二十歳になって、彼女の家を訪ねて、12歳の彼女の写真と再会した後にこれを書いた。




「オレンジの月」


まだ君に 会える気がしてるよ
こんな夜明け 月はオレンジ
あの日と同じ色


遠い 夏の日
君と 線香花火した日
今 思い出してみても
綺麗な夜だった
…はしゃいでた 君は もういない


君がいなくなって
僕はふさぎ込んだ

その先の愛を
その先の愛を
手にしたような…
気がして…
気がして…
…気がしてたっけ


まだ 君に 会える気が
[PR]

by sonic-trip | 2010-06-06 00:19