sonic&trip-「AKIRAの文学音楽」

sonictrip.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2010年 03月 20日

ライブライブライブ。

2010.3.30のライブ詳細です。

「mothrer ship connection」

19:00 open

sonic&tripの出番は最後で、21:30から。

30分のライブです。

チケットは前売り2000円、当日2500円。ドリンク別です。

5人でやります。七年ぶりくらいの曲もやる。練習楽しい。

対バンは激鉄。メンバー全員僕と中高が一緒のバンド。一緒にやれてすごい嬉しい。


昨日はライブat、Shibuya O-EAST。

高校生の頃よく行った場所でやるのでワクワクした。大きな会場。楽屋も見て回る。

ふーん。こうなってるからお客さんに会わないんだ。っていうのが分かる。ただ迷っちゃうな、これは。
僕たちは15分のサブステージだったのだけど演奏はメインスピーカーから流れてた。

大樹も翔も集中してるのが伝わってきた。気持ちよいステージだった。

僕たちは新人という形でイベントにでる。まだ見ぬ才能とか、君の未来を掴むのは君だ、とか。

でも結局音楽をやっていく道のりは長いから。僕はそういう謳い文句に距離を感じる。
きっとそれは一番やってるみんなが分かってること。

昨日は総勢20組。世の中には沢山バンドがいるな、みんな頑張ってるんだな、と井の中の蛙状態だった僕は刺激になった。


ただ新人と思われてるうちは初々しさ満開で頑張ろうと思う。
[PR]

by sonic-trip | 2010-03-20 19:40
2010年 03月 12日

Saturday。

a0094779_1211497.jpg

19日のライブは時間など詳細をメルマガで送りたいと思ってます。メルマガ登録がまだな人は、今一度登録してください。よろしくお願いします。



今日は翔と大樹と三人で練習。

最近、車で音楽を聴くことが好きになった。ずっと、音楽は歩きながら一歩一歩、聴いていくと思ってたんだけど。


それに誰かが運転するときに曲が流れていることと、自分が運転しながら聴くのとでは、まるで音楽は違く響く。僕は自分で運転して、自分の好きなプレイリストを聴くのが好きだ。

例えばno placeはこんな風に聴いている。

カトレア
no place
眠れる森
just happy
アニマ
pulse
screen
月を食べた日

38分。何だか濃度の濃いものになる。車だと気がそれないから濃度の濃いものを聴きたくなるみたいだ。深く自分の中に入っていける。



同じようにスパークルホースのアルバムも僕の感じ方から濃度の濃いものを作った。

作るときの基本はそんなにアルバムの趣旨を変えないこと。

2、3曲、曲を抜いてみるのが大体においてそういう結果を生む。
(みんなもやってみたらどうかな、と思う)




スパークルホース(マークリンカス)が先週の土曜日、3月6日に自殺した。

友人宅の近くで自分の胸を銃で撃ったらしい。

自殺というのは、胸が張り裂けそうになる。悲しい。47歳だったという。僕も47歳で死ぬ可能性があることを考える。

47歳で死を想うのはどんな気持ちなんだろう。



sonicのライブの始まる前のSEで「イッツアワンダフルライフ♪」という曲が流れているのに気づいてくれてる人も多くいると思う。あれはスパークルホースの曲だ。

ソロになってもバンドのような音楽を作るということで、僕が目標にしている人だ。(勿論僕はバンドが組みたいのだけど。これはなかなかうまくいかない。)

僕もイッツアワンダフルライフのような、静かで孤独で暖かなアルバムをいつか作りたいと思ってる。僕の人生において確かなことはそれだけだ。静かで孤独で暖かなアルバムを作る。

車に乗りながらスパークルホースを聴いて練習から帰る。みんなを送って一人になる。

スパークルホースのSaturdayが流れる。

そうか、彼は土曜日に死んでしまったんだなということにふと気がつく。
サビの裏のギターのアルペジオが深く自分の体の中に入ってき始めてるのを僕は感じる。メロディーが僕を捉える。

信号で止まったとき、僕は自分がなぜ今ここでこうして生きているのかが分からなくなった。

それはずっと分からなかったことだったけど、僕はまたその事実に直面した。

スパークルホース、一度でいいから日本に来てほしかったと思う。
[PR]

by sonic-trip | 2010-03-12 01:21
2010年 03月 07日

箱庭の室内楽。

a0094779_21564283.jpg

ポールオースター着々と読んでる。

孤独の発明
ガラスの街
幽霊たち
鍵のかかった部屋
最後の物たちの国で
ムーンパレス
偶然の音楽
リヴァイアサン
トゥルーストーリーズ


ざっとこんな感じに去年からかけて読んだ。
読むの遅いんだけどこんなにある時期をかけて飽きもせず浮気せず一人の作家を読み続けてるのは村上春樹、ヘルマンヘッセ、カポーティ、サリンジャー、太宰治、フィッツジェラルドくらいだと思う。

ジョイスに今は興味があるけれど、ポールオースターを全部読んでからにする。

ポールオースターは今のところまたもう一回読みたいのは順番にするとムーンパレス、リヴァイアサン、偶然の音楽、最後の物たちの国で、鍵のかかった部屋、ガラスの街(新訳)が読みたいなぁ。

昨日は夜中、翔と大樹の家まで遊びに行った。写真は大樹の足元。とウ゛ォックスアンプリファー。
西川宅を宇宙日本世田谷の室内楽スタジオにする計画の為である。


三日前書いた新曲、「叶えられた祈り」の歌詞が今日、第2稿目を書けた。題名もおそらくこれで決まるだろう。まだ歌詞が全ては書けてないけど、神様いい歌詞ください、僕にください。


3月19日は17時あたりからShibuya O-EASTです。20分三曲のステージ。が、ドラムなど五人編成でできないようなのです。残念だけど仕方がない…。

だからアコースティックでやろうと思う、もし平日の早めから来られそうな人に、普段あんまり聴けないようなものを聴いてほしいという想いで今、作戦を練ってます。楽しみにしててください!
[PR]

by sonic-trip | 2010-03-07 21:56
2010年 03月 02日

sonic新機軸。

大樹のやっている、ツイッターなるもの。
つぶやきなるもの。
sonicの動きをリアルタイムに大樹がアップしています。
http://twitter.com/sonic_and_trip


あともう大抵の皆さんは見てると思うけれど、大樹のブログ。
http://www.myspace.com/sonicandtrip


マイスペースのブログです。
マイスペースに登録しないとコメントができないのですが、こっちも随分大樹がやってくれています。
大樹の音楽への考え方とかが出ているものになってます。
もしかしたら翔も投稿するかもと、言っています。
そしたら映画の話も沢山出るかもしれません。

昨日はみんなでお鍋。楽しかった!鳥団子作りに燃えました。
邦くんの鳥団子が一番上手かった。そして準さんも旨かった。
僕は下手すぎてビビった。

翔と夜中ペイヴメントを聴いた。そういえばもうすぐ彼らが来てしまう。チケットまだ取れるのかな。いつもチケットを取るのが億劫でライブを逃してしまう僕たち。フジロックくらいしか気合いを見せられない。ローソンに行ってみようかな。。。

しかしながら、最近はアラブストラップの「レッドスレッド」というアルバムを毎朝聴いてから、起きる。
打ち込みと生音の使い方、リズムの構築の仕方が一つの極点に達しているアルバムだと思う。
ドラムの響きとギターが本当に素晴らしい。勿論エイダンの歌は完璧です、いつだって。この音を目標にしたいです。
[PR]

by sonic-trip | 2010-03-02 14:43