sonic&trip-「AKIRAの文学音楽」

sonictrip.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 25日

「僕らの時代」が終わって。

メリークリスマス!!

ライブに見に来てくれたみなさん、アルバム買ってくれたみなさん、どうもありがとうございました!

セットリストです。

1.カトレア
2.星になりたい
3.no place
4.just happy
5.存在の耐えられない軽さ
6.I can't
7.yes,please.
8.眠れる森
9.pulse
10. 月を食べた日

アンコール 光る魚

でした。


久しぶりに長いライブで幸せだった。

失われた言葉たちのレコーディングを終えてから、何となく新しい階段を一つ登り始めた感じ、って書いたけど…、ってかこんな私事の感想書いていいのかな?でも感想て私事だしね…。
もっともっとマイクと自分の間にあるものを無くしてしまいたいと思う。

気づいたら25歳になっちゃった。あんまり…、ずっと生きていくのが怖いなぁって思う。生きること自体を休むことってできないし。
時間が過ぎるって、それでも僕がちゃんと今ここにいることって、時間の上にいることって、…なんか怖くなる。そういう時は死んじゃった人のことを考える。子供の頃のことを考える。自分がきっと年を取るんだろうってことを考える。
時間が過ぎたら、小さい頃の僕はもうどこにもいないんだろうか。
それともちゃんとあの世界は、あの時間は、時間を超えて今もどこかにしっかり存在してたりするのかな。


僕はこのメールを僕のコンピューターに送信してみる。
見えない誰かに僕の考えてることを送信してみる。
でも実感が何も湧かない。


1人1人が違う人生を生きていて、でもみんな同じ、自分自身しかいなくて。それは決定的にいつまでも、君のいる場所、僕のいる場所。

僕は時々僕たちはみんな檻の中に閉じ込められているように思う。独りきりの檻の中。みんな独りきりで同じ言葉を呟いて、同じ歌を歌ってる。そんな風に思う。でも絶対にその檻は開けられない。僕たちは隣に誰かの檻があることを知れないから、寒いよ、寒いよ、てそればかり呟いてる。きっと隣に誰かの檻があることを知れたら、自分は一人じゃないって思えるかもしれない。
僕の場合はきっとそれが音楽だったり映画だったりするのかな。ヴェローチェで友達と話すことかもしれない。あ、この人僕と同じだって思って、気分が楽になるのかもしれない。
最終的には、誰の檻も開けることが出来ないのかなと思う。
でもいつか、どうにか自分の檻をこじ開けてしまいたいって思う。それをレコーディングできれば、みんなが寒いときにそれさえ聴けばあったまるようになるもんね。最近はそういうことを考える。


大きな町には、大きな孤独。(イギリスのことわざ)
電車で前にいる人がいる。30代の男性だったりする。僕はその人をその時に一瞬見るだけ。でもその人の人生は30年間一瞬の空白もなく、ちゃんと繋がってて、心臓は動き続けていて、それでこれから僕の知らない未来の何十年が、きっと彼にはあるのだろう。彼は彼だけの人生を送っている。
僕は実際のところ彼が今どう感じているのか、全く分からない。
一つだけ言えることは、僕がそう考えることで、今、彼と僕の人生が交差していて、彼の知らないところで、彼の人生について、僕に考えられているということ。
彼は僕に言う。「25歳か。そうなんだ。どんな感じがする?25歳になってみて。」

「…さぁ、よく分からないです。…ある意味じゃ、僕は自分が今まで24歳だったということもいまだによく分からない。」

「君は知らないだろうけど、25歳になったことがある人は今までに沢山いる。ここにいるみんな、ある時は25歳だったんだ。でも今はそうじゃない。それってどんな感じか分かる?」
[PR]

by sonic-trip | 2008-12-25 04:04
2008年 12月 21日

クリスマスプレゼント。

a0094779_23152623.jpg

a0094779_2315278.jpg

明日は高円寺ライブ。
楽しみです。


あとここで緊急発表!

明日、1月28日発売のセカンドアルバム、「no place」をライブ会場限定で特別先行発売します。
1ヶ月早い発売だけど、お店に行く前の工場から直送のものがライブの日に間に合ったので。
セカンドを待っていた人に早く聴いてもらいたいです。
税込みで2500円です。初回は紙ジャケット仕様。本当に良いジャケットに出来上がりました。
僕たちの二年間が詰まってる。
財布をあったかめにして来てください(笑)
[PR]

by sonic-trip | 2008-12-21 23:15
2008年 12月 19日

東京散歩。

a0094779_0585297.jpg

今月、主だった「今日は遊んだなぁ!」っていう日はこの日。
いつだったか正確な日時は忘れたけど、確か風呂場の電気を自力で直すため(それは結局直せなくて未だに風呂は真っ暗)末広町にある電気工場に部品を買いに行った日のこと。
なんだかその近所に住んでる友達に折角だから電話しようと思って電話して、夕方上野で会うことになった。そんでウ゛ィルヘルムハンマースホイっていう人の展覧会に行った。北欧に行きたくなった。僕は昼より夜の方が断然好きだしね。

会場で或る絵をぽけーと眺めてたら肩を叩かれて。昔よく一緒にイベントをやったニールガールってバンドのボーカル、ヒデだった。ヒデはダッフルコート好きらしく、隣にダッフルコートの人が来たからとりあえずチェックしたらしい。
美術館を出て友達と三人で立ち話。
ニールガールのギターが抜けちゃうらしい。すごく悲しくなった。やっぱり友達のバンドとかでそういうことあると悲しいのな…。みんなそれぞれ色んなことあるんだけど。

それから友達と2人で日本橋まで歩こうぜ!ってことになり、ズンズンズンズン、歩きました。
タリーズコーヒーがやっぱ喫茶店では一番良いよね、ってことで一致し何故か目的は日本橋に行くまでにタリーズで一休みする、ということになる。
ズンズン…。
タリーズ…。ない。
秋葉原には一軒あったけどまだまだ先は長そうだし、もうちょい歩こうということになり見送ってしまった。
結局日本橋まで休みなく歩くことになり、日本橋近くのカフェウ゛ェローチェに入ることになる。やっぱりサラリーマンが多い地区はウ゛ェローチェの数がやたらと多い。
僕はコーヒーとハムサンド。2時間半くらいいて、2杯目はココア。
何喋ったか。忘れた。
友達がライブに行った感想で、椎名林檎は絶対サイヤ人だ。放出してるエネルギー量が僕ら地球人とは違いすぎるってことだけ覚えてる。

日本橋に子シェンロンがいた。流石日本橋というだけあって凝った像だ。

今度は高尾山に行きたいです。
[PR]

by sonic-trip | 2008-12-19 00:58
2008年 12月 13日

僕はここに居ちゃいけないような

a0094779_1843551.jpg

こんにちわ!
写真はこの前レコーディングしたスタジオ近くの海。

ここんところで、プロモーションビデオを撮ってきた。今回は、「カトレア」を撮ってきた。今回のプロモーションビデオ制作は前回のイエスプリーズの反省や成長を踏まえた、なかなかプロモらしい作品になりそう。山道さんと2人で撮影から何からアイデアを出し合って作った。イエスプリーズも山道さんと作った。
山道さんは昔僕のやってたバイトで一緒の職場で、フロアも班も違うけど話したことだってあるのに、(山道さんの撮ってる番組を一緒に社内で見させてもらったことも、僕は山道さんにコーヒーを作ったことだってある)山道さんは僕のことをバンドで知り合ってからしか知らないという…。そんなことが今回、発覚した。有り得ない。

「え。嘘だ…。いなかったよ。」

「いましたよ。」

「ふーん。だっていなかったよ?」

「でもいたの!」


というやり取りが何度か続いた。
僕は当たり前のように今まで山道さんと話してたけど、山道さんは僕のことをバンドのことで知り合ったと思ってた。
山道さんがとぼけてるのか、僕の存在感が足りないのか…。多分おそらく、この事件の原因はその両方だと思う。

撮影は何事もやり始めないと分からなくて、特に光の読み方とかすごい重要なんだと身にしみて感じた。自然光で撮るとやっぱり思うように撮れなかったり、思った以上の綺麗な光が撮れたり、そんなチャンスを被写体の自分が台無しにしてたり…。
映像になってる自分を見るほど、こんなに痛ましい、自己嫌悪に陥る作業はあんまりない。整形する人の気持ちがすごく分かる。

バンドで録音した曲を、後ろの演奏ゼロにして、ボーカルだけアカペラで爆音でスタジオで流れた時にも立ち直れそうにないくらいのショックを受けた。あれに似てるが、それ以上のものだ。
まぁ自分の声を本質的に変えるなんて、最終的にどうしようもないし、諦めるしかない。
誰でもカセットに録音した自分の声にショックを受けたことってあるものじゃないですかね?

映像を作るってなると、何か自然なものを作りたいと思った。
その周辺の土地は車で走ってると鹿とかウサギに出会う。すごい自然が綺麗な山。
だから風景と光が綺麗だったらいいと話し合って。わくわくした。
綺麗な夕日が出てきて、最後に歌ったラストテイクは気持ち良かった。

後は山道さんが編集をしてくれてカトレアは完成していく。出来上がるのが楽しみです。
[PR]

by sonic-trip | 2008-12-13 18:04
2008年 12月 08日

今年最後のライブ。

今年最後の主催イベント。ツーマンライブ!

「OUR TIMES vol 1」

場所は高円寺HIGHで

http://www.koenji-high.com/

12月22日 (mon)

開場19時30分  20時開演

出演  cossami  sonic&trip

前売り 2000円+1ドリンク

cossami 20時から

来年発売のシングル曲やります!

sonic&trip 20時50分から

1/28発売のセカンドアルバム「no place」を中心にお届けします。

今年最後のライブ、ソニックは長めに一時間くらいはやりたいと思います。

是非遊びに来てください!チケット予約はホームページから☆


今日は練習。日曜日だからか、スタジオは煙草でケムケムで目が痛くなった。休憩室のベンチに座ってみんなを待ってると、その部屋で僕だけ動かず喋らずただただ燻されて終いにはヤキイモになった。

練習から帰ると久しぶりに姉が家に帰ってきている。母さんも妹も居間に集まって大笑いしてる。コーヒーと紅茶をいれてミカンを食べながら長々と話を聞く。姉の話はいつもすごく面白い。今回もお腹つっちゃうくらいまで笑った。そして旋風の様に彼女は「ほな☆」とか言って、帰ってしまった。
[PR]

by sonic-trip | 2008-12-08 00:47
2008年 12月 04日

スターティングオーバー。

失われた言葉たちのレコーディングから帰ってきました。
まだ完成までは少しの手直しが残ってるけど、ほぼ完成したといっていいと思う。

今回はボーカルもギターも大体すべてをせーので一回で録音したから、ある意味ライブみたいなレコーディングでした。色んなマイクにいっぺんに歌もギターも入るから間違えたらやり直しがきかない。
でもそういう張りつめた緊張感の中で歌もギターも混ざった演奏は、そういう空気は、そういうやり方でやるしか、レコーディングできない。

だから本当にそこで演奏してるんだっていう生々しいアルバムになった。
ちゃんと包装されてる、傷ついていないブドウの魅力も分かるけど(それは安心だったり見栄えが良かったり)、僕は本当に木になってる野生のブドウを食べてみたかった、って感じ?んー、分かりにくい?

…。

今回のレコーディングで僕は一段、階段を上がったと思う。それも今まで上がったことのなかった新しい階段に足を踏み入れた気がする。


終わった今としては、もっともっとさらけ出したかった、さらけ出せたんじゃないか、って思うけど、このアルバムを録音するまでにはいなかった自分が初めて自分の中に姿を現した。そして時間は過ぎてしまったし、元には戻らない。歌うチャンスは限られた時間の中で一度きりずつだったのだから。
まだ僕はその自分の中に芽生えた自分を成熟した形には、アルバムの中にうまく録音できなかった。
さらけ出されたばかりの、まだ拙い、動揺した自分がこのアルバムには、いる。僕はそう感じる。でもその瞬間は人生に一回しかないし、絶対に狙ってはもう録れない自分だったと思う。
このアルバムは何度聴いても、僕は色んなことを思う。アルバムの中にいる自分みたいに、僕はそれを聴いて動揺したり、自信に溢れたりする。
一つ言えることは、また新しい場所にこれた。

レコーディングからの帰り道の車の中、録音した曲について丸山さん(ソニックの音楽制作、全てに携わってる人マネージャー兼プロデューサー兼ディレクター兼…)があの曲はジョンレノンの「スターティングオーバー」みたいだった、と今回のレコーディングのことを振り返りながら話をした。
スターティングオーバー、その言葉通りに何かがまたここから始まりそうっていう、そんな感想だった。

そうしたらその後、iPodで音楽を聴いてたのが混線してラジオで本当にたまたま「スターティングオーバー」がかかった。
丸山さんは僕がそれをiPodでかけたと思ったらしく、おー、いいね、とか言った。
でも僕はそんな話の後にそれをかけるなんて恥ずかしいことできない。
ジョンレノンは憧れるけど。あんな風になれたらと思う。
曲の間中、僕はびっくりして何も言えなかった。
それが終わるまでずっと何も言えなかった。
なんか信じられなかった。何年も前の曲がこんなタイミングでいきなり混線したラジオから流れてくるなんて、全く信じられない。
でも曲が流れ終わった後に、電波がまた元通りにカーステレオのフィッシュマンズのiPodに戻ったとき、それがラジオだったことに丸山さんも気づいた。僕も我に返った。そして今起きたことを僕はもう一度思い返さなきゃいけなかった。
最後にDJは消え入る世界の向こう岸でこう付け加えていた。「曲はジョンレノンのスターティングオーバー、リクエストはラジオネーム4266さんからでした。」
ラジオネーム4266さん、僕はあなたがリクエストしたスターティングオーバーをきっと忘れないでしょう。こんな偶然は、偶然にしてはできすぎていると思いました。今でもそれが何なのかはよく分からないけど、多分元気出せってことなのかな?(笑)僕はきっと、ずっと忘れられない。
国道135号線、トンネルを抜けて左カーブの下り坂、伊藤の海が僕たちの目の前に開けたとき、それは本当に神様が笑ってるみたいにきらきら、きらきら光ってた。
[PR]

by sonic-trip | 2008-12-04 03:00