sonic&trip-「AKIRAの文学音楽」

sonictrip.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2008年 10月 28日

写真は熊野古道に行ったとき。

a0094779_23241678.jpg

次のライブは11月14日(金)、Shibuya O-Crest。19:20~

sonic&tripの出番は三番目で、19時20分から、です。
でもその前に、
11月5日の水曜日、タカノハシジュンさんと2人で、渋谷ウエステッドタイムで21時から弾き語りライブをやります。
こちらは歌詞の世界がダイレクトに伝わる世界なので、歌詞愛好家にはオススメです。
カルトで、しかしポップなライブをやりたいねん。

眠る前占いの本読むんだけど、色んな人の死んだ原因が書いてある。だから読んでると有名な人たちの死んだ経緯みたいのが、どうしても占いより気になってくる。何か印象に残っちゃうのはそっちなわけだ。
「彼女はその自分を理解してくれる人には何も見えなくなるほど情熱的なところが災いして恋人の下に行く途中、飛行機事故で死んだ…」みたいな。
読者としては悲劇の飛行機事故死の方が、彼女の情熱的な部分よりどう考えても強烈である。
まぁこの本、占いってより死に方本だ。
だから自分はどんな風に死ぬのかなぁってことを考える。
胃潰瘍?…etc

まぁ色んなケースが考えられるから、あれは嫌だな、これも嫌だな、と色々考えるわけ。
そんな風にして、最近は寝てるわけ。以上。
[PR]

by sonic-trip | 2008-10-28 23:24
2008年 10月 24日

sonic&trip.LIVE!

ライブが決まりました!

11月14日(金)、Shibuya O-Crest。19:20~

sonic&tripの出番は三番目で、19時20分からと予定されています。

ギターに鷹嘴 準(タカノハシジュン)が加わった、初のライブ。

更にsonicがsonicになっていく。

あと半月…。その頃はちょっと寒くなってるのかな?

新生sonic是非是非、聴きに来てください!

新曲もバンド初披露しそうな予感です。
いや、予感じゃなくて、多分、絶対やります。
乞うご期待(笑)
[PR]

by sonic-trip | 2008-10-24 03:13
2008年 10月 15日

午後の紅茶。

a0094779_13295467.jpg

平日の昼に時間が空くとここで小説を書いたりしてる。

ここは近くの大学の喫茶店でカフェ・ソラって名前。文字通り喫茶店の半分以上は、空の中。

ココアとソフトクリームが今のとこ好き。あとvie franceが入ってるから焼きたてパンもおいしいし。今日はほうれん草とチーズのデニッシュを頼んだ。

小説は書いても書いても終わりません。毎日がレコーディングって感じで。気力勝負ですわね。

YouTubeにイエスプリーズのプロモーションビデオ、アップしました。久しぶりに見てみてね(笑)
[PR]

by sonic-trip | 2008-10-15 13:29
2008年 10月 06日

虹の内側に。

レディオヘッドのライブに、2日間行ってきた。

一日目はバンドのみんなと、二日目は友人と2人で。

一日目は現在のレディオヘッドがにじみ出る演奏だった。
すごい落ち着きと高ぶりの、両方をバンド全員で自由に行き来していて、オーロラみたいに揺れてた。
その音から、成長し続けることの深さを見た。
初めはエンジニアだったのにレディオヘッドに出会ってからずっとマネージメントをやってる、クリスハッフォード、OKコンピューターからエンジニアとプロデューサーのナイジェルゴッドリッチ。
ベンズからアートワークのスタンリーダンウッド。
そしてメンバーのみんな。レコード会社に入る前からあるチーム。そしてレコード会社と共に六枚のアルバムを作り、レコード会社から離れた後も、離れることのなかったチーム。
みんなが見えるようだったと書きたいところだけど…
でも遠すぎて、最後までドラムのフィルのスキンヘッドしか見えなかった(笑)ジャンプしても誰一人見えない。…。

そんな感じで二日目はスタンド席。ばっちし全員、見えた。
二日目はアリーナ最終日ということもあってか貫禄の演奏だった。歴史を感じずにはいられない、素晴らしいライブ。
僕が何を言ったところで伝わらないだろう。ゴッホの絵を感じるのは生で見るしかないのと一緒だ。ゴッホみたいだ、レディオヘッドは。
で、ソニックはモネになる(笑)

レディオヘッドは教えてくれた。
現在ある自分たち、そして自分たちの歴史が作る、「レディオヘッド」というライブを体現すること。
レディオヘッドという、大きな大きな生き物がステージの上に生きているように思った。
こんな世界が5人の人から現れてきて、僕はそれを全身で受け止めていくことができるなんて。なんてすごいことなんだろうと思う。
すごいバンドって、なんてすごいんだろう。
全てがこみ上げた。
僕はビートルズ来日のときに武道館で熱狂してる女の子たちみたいな気持ちになった。あの子たちがあんな顔してステージを見るのはきっとこんな気持ちだったからだろう。

また見たいな。次に見るとき、僕はどんなになってんだろう。
[PR]

by sonic-trip | 2008-10-06 17:16