sonic&trip-「AKIRAの文学音楽」

sonictrip.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2007年 09月 30日

ぼけーっとして。

何か今日は朝からボケーッとばかりしてしまっている。


普段あんまり不注意で怪我することなんてまずないのだけれど(何に対しても間違いなく怖がりだし)、まず昼間に起きてご飯を炊いたとき。

ご飯ができたから、ボケーッとしながらお茶碗に盛ろうとしたら思いっきり手首を蓋の裏側にジュッとやってしまって火傷した。


びっくりするくらい熱かったから急いで氷で冷やしたけど今んとこ跡ができちゃった。


その後何故か冷蔵庫に大量に入ってたラムネをぐびぐびぐびぐび飲み出したら止まらなくなって小説を読みながらラムネを三本飲む。そこは別に怪我もなく。ギザうまい!!とか言ってみながら。

バスに乗るときノンステップバスだったのに何故か階段があるとてっきり勘違いして、ボケーッと乗車したら思いっきりギターを持ちながらいきなりぶっ転ぶ。

階段があるような動きをしたんだと思う。でも何であんな転ぶことになったのか今でさえよく分からない。

運転手さんもみんなもびっくりして言葉を失っていた。

席に着くと「車内は大変危険ですから…」というアナウンスが静かに流れながらバスは山手通りをゆっくり走っている。

スネと肘がジンジンする。
恥ずかしくて耳が赤くなってるのが分かるけどどうにもできない。ずっとドキドキしてる。

ノンステップ…。



夜になってお腹ぺこぺこで何か食べようと思ったんだけどやっぱり上の空でボケーッと考え事をしていたら洗い桶の中に入っていた包丁でグサッと指を切ってしまっていた。

しかも洗い桶が血まみれになるまでそれに気付かないで箸だの皿だの皮剥き器だのを探していたという…。

気付いたとたん物凄い痛かったけど…。

気が遠くなったけど頑張って止血した。何とか止めてみせた。

ツイてないのかな、今日は。でも楽しい一日でした(笑)

みんなも急に寒くなって風邪ひきませんように!
[PR]

by sonic-trip | 2007-09-30 01:59
2007年 09月 24日

ジュゴン。

a0094779_1252524.jpg

今日シャンプーしたウチのワンコ。アンジ君です。
何となく初登場!いぇい。
じゃあアンジ君、何となく一言挨拶を!
「毎日ションベンちびるのが僕の仕事だぜ!」

…。

イケワンですな。

毛玉でっかかったわな。毛玉とる僕は、もののけ姫のアシタカみたいになってたわ。


10月にレコーディング後半戦が決まりました。

みんなの前でライブできないのは悲しいけどしっかり自分達の音楽を作ってくるようがんばるよ!


多分また沖縄にも行けます。今年まで一回も行ったことなかった場所なのに、ずっと行きたかった場所なのに、今年になって3回も行けちゃうことになるなんて…。幸せ。

どういうこと?


神様、どういうことでしょうか?


次こそは3度目の正直!真路と共に念願の美ら海水族館へ!絶対行ってやる!

ジンベイザメ待ってろよ。
八景島のジュゴンは今日も頭クンクンしてるかなぁ。
[PR]

by sonic-trip | 2007-09-24 12:52
2007年 09月 05日

笑うカズクン。

a0094779_21252335.jpg

雨がへんてこ。

降ったりやんだり。情緒不安定な感じ。

僕は部屋で一人、ぼーっと音楽聴きながらこれ書いてるよ。
今日はもっぱらニールヤング。

A Maid,Man Needs A Maid.

男にはメイドが必要。

っていう曲があって。

アキバじゃないよ(笑)

テレビの中の女優に恋しちゃう曲。

何となく僕はこの曲好きなんだな。
…。いや、もうむちゃくちゃアレンジから、何から何までこの曲が好き。
こんな夢見心地で美しい曲はないと思う。だから僕は好き。


そして最近はカポーティーの「遠い声遠い部屋」を読んでるよ。かれこれ一ヶ月経つかなぁ。

毎日読んでるけど読むの遅いから進まないし、また読んだとこ戻っちゃったりするんだ。

ランドルフのおじちゃんの昔話を聞くシーンが最高にお気に入り。分かんないよね(笑)そんなこと。

遠い部屋。いつかの僕の部屋。
遠い声。いつかの誰かの声。

そんな風に覚えていることってみんな沢山あると思うよ。

僕は昔住んでたマンションの二段ベッドの上に時々帰りたくなる。
またあそこでちぢこまって眠りたい。
障子に揺れる影を眺めながら幽霊が恐くなったりゾッとしたりしたい。

もうあそこでは一生眠れない。遠い部屋には戻れないよ。
黒い子犬のぬいぐるみと一緒に眠る僕のベッドは永遠に過ぎ去ってしまって、今はもうどこにもなくなっちゃってるんだから。


でもどこかにまだあの部屋があって小さい僕が眠っている気がしてならない。そう思えたりもする。
あの時の僕は今もまだ眠るのが怖いのかな?


頭の中に浮かぶのは あの時の僕の頭の中

覚えてる その瞬間が
覚えてる ずっとずっと続いてる
覚えてる 部屋の中
君が眠る 部屋の中

(スローモーション)


この前ライブ来てくれたみなさん、本当にありがとう!
[PR]

by sonic-trip | 2007-09-05 21:25
2007年 09月 01日

九月の初めに。

ふと改札機の画面を見るとちょうど降りた駅でスイカが0円になった。
何かを綺麗に清算したようなスッキリ気持ちいい気分になったよ。


渋谷の街を駅に向かって歩いていると、「人が多いからここではぐれたら二度と会えなくなっちゃうんだからね。」って声がすごくクリアに耳に入ってきた。

隣に目をやると小さい女の子がお母さんと手を繋いで歩いている。

その子の目がすごく真剣で一生懸命で。

「絶対はぐれちゃダメなんだ。」

そんな声が聞こえてきちゃうほど必死で弱くてっていう表情に僕には見えた。

そして僕もそんな風に歩いたことがある気がする。

理由はよく分からないけど(いや、分かってたのかもしれない。でも殆ど同時、突然だった。)僕は少し笑いながら、泣きたくなった。

あの子はきっとはぐれないと思う。大丈夫だと思う。

帰り道なぜか山崎まさよしのone more time,one more chance.を思い出してみたくなって口ずさんでみた。
あれ良い曲だよね。
なんかラブソングだけど会いたい人がいるってことをあんなに純粋に歌っているなんてすごい曲だと思う。
[PR]

by sonic-trip | 2007-09-01 18:25